血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖(グリコーゲン)の濃度のことをいいます。

炭水化物は体内に入ると、食物繊維と、ブドウ糖に分解され、小腸から吸収されて血液中に取り込まれます。

そのため食後は血糖値が上昇します。

血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンが分泌され、分泌されたことを脂肪細胞と筋肉細胞が感知し、血液中のブドウ糖を細胞に取り込みます。すると血糖値が低下して平常の数値にもどります。

インスリンの他にも血糖値のコントロールに関係するホルモンは沢山ありますが、これが食事による血糖値の変化の仕組みです。

 

 

インスリンはブドウ糖を細胞内に取り込む働きの他、脂肪細胞が血液中の中性脂肪を細胞内へ取り込むのを促進したり、脂肪細胞が蓄えている脂肪をエネルギー源として使いやすくするのを阻害する働きがあります。

つまり、インスリンはブドウ糖や脂肪といったエネルギー源を「蓄える」方向に体を傾けるホルモンなのです。

なので、血糖値を上げる事は、脂肪を蓄えやすくするということになります。血糖値を上げると、脂肪が増える。というわけです。

生きていく上で糖が血中にあり過ぎることでの体の危険を防ぐため、お部屋があればしまい込みたいのは当然ですよね、そして、外からどんどん糖が入ってくるのであれば、まずは流れ込んできた物から処理していく、お部屋に閉まった糖をわざわざ出させないのも人を生かす為のインスリンのお仕事なんですね。

だから血糖値を上げない為に

 

!!食べる順番が大切なのです!!

 

 

日本人は一般的に、ご飯や麺類といった糖質を含む食物を好む傾向があります。そのため糖質過多の食生活になりがちです。肥満ホルモンともよばれるインスリンは糖質の摂取により分泌される為、大量に分泌されると体脂肪を大量に蓄える事になってしまします。

「食欲を促すグレリン」たべた~い!!

高糖質食はグレリンが分泌されやすくなります。

「食欲を抑えるペプチドYY」

高糖質食はペプシドYYが出にくくなります。

結果空腹を感じやすくなり、食べる量が増えてしまう、悪循環街道に乗ってしますことに・・・

 

なので糖質を制限すると食べた~い欲求が出にくくなり、身体が欲する本当の食欲が正常化するわけです。

 

!!GI値が低い順に食べる!!

 

肥満ホルモンのインスリン君が一気に大量に身体の中に入り込むと、インスリン君こう考えます。

「緊急指令!緊急指令!血糖値急上昇!室内の脂肪は部屋で待機!!」

そして流れ込んだ物から順にエネルギーに変え、余ってしまったら脂肪細胞というお部屋に行くよう指示してしまいます。これが太るしくみ(中性脂肪)というわけです。

 

!インスリン君の大量出動は悪影響!

蓄える働きが強くなる!

記憶力が悪くなる!

だるくなる!

疲れやすくなる!

空腹感を感じ沢山食べてしまう!

尿の回数が増える!

喉が渇く!

インスリン君の働きが悪くなり、高血圧や糖尿病になる。

 

普段から血糖値急上昇!に気をつけましょう♪

 

食品のGI値一覧表がのってるページ